おすすめ最強セット一覧

シミボタン
OR

レチンaレチノイン酸濃度のバリエーションについて

レチンaはターンオーバーを促す事で
メラニンを排出する効果が期待できる医薬品です。

レチンaに配合されているのがレチノイン酸で、
ターンオーバーを促すピーリング効果、
コラーゲンやヒアルロン酸の生成の促進、皮脂の抑制などの作用があります。

レチンaにはレチノイン酸の濃度によりバリエーションがあり、
市販されているものでは0.025%、0.05%、0.1%とあります。

レチンaレチノイン酸濃度のバリエーションについて1
>>レチンa0.025%効果<<
レチンaレチノイン酸濃度のバリエーションについて2
>>レチンa0.05%効果<<


※レチノイン酸クリームではネオケア(Neocare)0.4%が高濃度です。

>>ネオケア(Neocare)0.4%効果<<

この濃度により効果に違いが出てきますが、
大きな効果を求めて濃度の高いものを使用するのは非常に危険です。

レチノイン酸はビタミンA誘導体であり、
化粧品などに使用されているビタミンAのレチノールの100倍もの薬理作用があるといいます。

レチンaは医薬品ですからこのように化粧品よりも効果が大きいため、
初めから濃度の高いものを使用するのは危険なのです。

始めは濃度の低い0.025%から使用しましょう。

シミに使用する場合、ハイドロキノンを併用する事で
さらに効果が期待できると言われています。

ただし、レチノイン酸にせよハイドロキノンにせよ、
濃度が低いにしても医薬品ですから自己責任になります。

浅い知識で治療を進めると、
更に黒ずみが増したりシミが増えたり
トラブルの元になりますから注意しましょう。

また、レチンaを使ったレチノイン酸治療は
すべてのシミに効くわけではありません。

よく効くものと効かないものがありますし、
治療に時間のかかるもの、比較的に短期間で効くものもあります。

>>レチンa効果<<

美白美肌で1位!?
↓↓↓

おすすめ最強セット一覧
↓↓↓
シミボタン
OR
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す