おすすめ最強セット一覧

シミボタン
OR

レチンaとハイドロキノンユークロマクリームの使い方

低刺激でノンアルコールの化粧水を
馴染ませ保湿し、
レチンaを気になる所へ塗布します。

この時、綿棒を使うと良いでしょう。

厚塗りも防げますし、
無駄なく長く使うことができます。

その後、数分で乾くので、ハイドロキノン配ユークロマクリームを塗布します。

レチンaとハイドロキノンユークロマクリームの使い方3

レチンaクリームとハイドロキノン配合ユークロマクリームを使っている時は、
普段より紫外線に敏感になり、シミができやすくなるので、
SPF35以上の紫外線防止効果のある日焼け止めが必要になります。

化粧下地にも使えるUVカットクリームが便利です。

レチンaクリームでえのトレチノイン治療は、約1ヶ月は使用し続けた方がいいです。

使い始めは、多少の痒みやヒリヒリ感がある場合がありますが、
しばらくすると落ち着いてきて安定してきます。

レチンaとハイドロキノンユークロマクリームの使い方1


ピーリング効果は、古い皮膚を剥がすというようなものなので、
そのような感覚が起こります。

濃度については、レチンaクリームには0.1%、0.05%、0.025%があるので、
肌が敏感な方は、濃度の低いものからの使用をおすすめします。

ユークロマクリームも同様で、4%をはじめ、ハイドロキノン濃度の低めな2%のライトや
サンスクリーン(日焼け止め(UVA/UVBフィルター)を配合したユークロマSGクリームがあります。

敏感肌でなければ、レチンaクリームトレチノイン酸0.05%と
ユークロマクリームハイドロキノン4%の組み合わせ
で使う人が多いようです。

レチンaとハイドロキノンユークロマクリームの使い方4
>>ユークロマクリーム効果<<

トレチノイン治療の必需品である日焼け止めクリームを併用すれば、
色素沈着型や老人性のシミに最適のセットになります。

美白美肌対策と言うより医療美容的なので、
注意しながら自分にあった濃度で治療することが大事です。

ハイドロキノンより強力と言われているルミキシル系ケア用品を使ってみ他人で、
ユークロマクリームを以前使っていた人は、ハイドロキノンに戻ってきている傾向があるようです。

総合的には、やはり個人差の問題もあるので一概には言えませんが、
レチンaとユークロマクリームのセットは、
優秀な自宅シミそばかす治療薬ということができるでしょう。

>>レチンa効果<<

美白美肌で1位!?
↓↓↓

おすすめ最強セット一覧
↓↓↓
シミボタン
OR
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す