おすすめ最強セット一覧

シミボタン
OR

ハイドロキノン配合ユークロマクリームのシミ消し美白効果とは

シミには、老人性色素斑(一般的なシミ)、
雀卵斑(そばかす)、肝斑、
炎症性色素沈着などがあります。

シミの種類によって、
治療法も有効成分も変わってきます。

ハイドロキノン配合ユークロマクリームのシミ消し美白効果とは


老人性色素斑・・・長期的に紫外線を浴びたことによって、
メラニン色素が累積して起きてしまうもの。

雀卵斑・・・いわゆるそばかす。白人に多く色白の人に多く見られます。
遺伝も大きく関係しているという説も。

炎症性色素沈着・・・傷跡(ニキビ跡やヤケド跡、
ムダ毛処理などの脱毛なども)の外傷が、シミになってしまったもの。

肝斑・・・ストレスやホルモンバランスの乱れによって、
皮膚細胞が活性化して表れるシミ。

上記のシミは、スティーバaやレチンaクリームのピーリング効果を利用した
トレチノイン治療(レチノイン酸治療)が有効です。

トレチノイン治療とは、美容形成外科や皮膚科でも処方される
レチノイン酸配合治療薬を使った処置の一つです。

レチノイン酸による、新陳代謝(ターンオーバー)促進で、古い角質を剥がし、
新しい皮膚へ生まれ変わらせるということです。

それをベースにして、「肌の漂白剤」とも云われる
ハイドロキノンを配合したユークロマクリームという美白クリームを使用することによって、
シミ消しトレチノイン治療は、大きな効果をもたらします。

ハイドロキノン配合ユークロマクリームのシミ消し美白効果とは3

トレチノイン治療でピーリング効果を得るのですから、普段より肌がデリケートになりますから、
しっかりとした紫外線対策が必要で、紫外線防止効果の高い日焼け止めクリームも必須です。

一般的なハイドロキノン配合美白クリームには、UVカット効果を含んだものもありますが、
敏感肌の方には、ちょうどよいのかもしれませんが、若干、効果的に遠回りしてしまうようです。

肝斑は他のシミと有効成分が違い、トラネキサム酸や高濃度ビタミンCが用いられます。

それぞれのシミには発生した経緯や体調の変化や加齢などの要因が関係してきますので
自分自身ではなかなか種類を判断するのは難しいのです。

また、デリケートゾーンや乳首や乳輪の黒ずみもシミの1種ですので、
トレチノイン治療とハイドロキノンクリームが有効です。

>>ユークロマクリーム効果<<

美白美肌で1位!?
↓↓↓

おすすめ最強セット一覧
↓↓↓
シミボタン
OR
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す